ホーム>悩みの原因>シミ

シミ

シミについて

ホルモンの影響や紫外線を浴びると、肌は自分で守らなくてはいけないと表皮の一番下の基底層にあるメラノサイトに「メラニン色素を増量~」という伝達を行います。メラニン色素で黒くなっても、そのうち80%位は代謝されて消えてしまいますが、老化肌の一部にその色素が残ってしまったものがシミです。そのシミが増えてしまうのは、ターンオーバーする力が低下する為メラニンを含んだ細胞がお肌の外に押し出されずに表面に残ってしまいます。その状態で、紫外線にさらに当たるとどんどん黒くなると悪循環を引き起こしてしまいます。

 

主なシミは、3種類あります

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

長い間、紫外線を浴び続ける事によって生じるしみの事です。若い頃から日焼けした人ほど出来やすく、早い人では10代から現れもっとも多い症状です。しみの境目がはっきりしていて、色合いも均一で濃いのが一般的です。

肝斑(かんぱん)

妊娠などでホルモンバランスの崩れ(ストレスや不規則な生活・睡眠不足)や更年期、婦人科の病気にかかった時に出来やすいしみの事です。淡褐色のしみが、目の周りを避けるように左右対称に現れるのが大きな特徴です。左右に蝶々のようにもやもやっと広がったタイプやほほ骨に沿って筆で描いたようなタイプ、こめかみの両側近くに小さく現れるなど、左右対称ではないけれど両側に大きさの異なるタイプや鼻の下、口の周り・額に出来たりします。(男性には肝斑は出来ることはありません。)

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

年寄りイボ。老人性色素斑から、症状が進行して出来たしみの事です。最初は丸みがかった状態から、イボ状に、徐々に盛り上がってきます。

 

ご自宅で出来る事

外から

日焼け止めクリームや美白化粧品などで、紫外線による炎症を防ぎながら、新しいお肌への生まれ変わりの周期を早めていきましょう~。

内から

「β-カロテン」で、紫外線による炎症を防ぎながら、「亜鉛」でお肌への生まれ変わりの周期を早める様手助けをしていきましょう~。

オススメ トリートメント

ページ上部へ